FXで億桁の借金がでることなんてあるの?!―現実の可能性を解説

現在でFXで億桁の借金を作ることは考えられないでしょう。ただ、過去にはレバレッジが数百倍で取引されたことも多く、そうしたこともあったようです。

レバレッジについはこちらをご覧ください。

www.suwafuture.site

海外のFX会社であればレバレッジを数百倍にして取引できるところもありますが、日本では法規性が厳しくなったことで最大25倍になっているため、借金を作るということに関してあまり心配する必要はないでしょう。

今回は、それでもFXで億桁の借金を作り出してしまう可能性を紹介していきます。

スポンサードリンク

 

FXでは借金が基本的にできない?

現在では、FX投資は株式投資よりも知名度が上がっていると言えるでしょう。YouTubeとかでもCMをよく見かけるようになりましたよね。

実際、トレイダーズ証券 のように最低必要証拠金が4000円から取引を始められるように、非常に低額で始められるので初心者でも始めやすい投資としてぴったりです。

FXが低額なのに対して、シノケン のような有名な不動産投資会社でも最低で100万円程度、株式投資では数十万円が始めるのに必要な資金となっているので、ここからもFXに人気が出ることに納得できますね。

FX初心者に人気となっているのは「ドル円」の通貨で、DMM FX を始めとしてどのFX会社でも手数料がかなり安く一万通貨を取引しても数十円の手数料しかかからないのが魅力です。

手数料はスプレッドともいいますが、詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

www.suwafuture.site

FXも投資ですので、FXのトレーダーは「借金を作りそうかな・・・」と気にする人がいると思います。ただ、いろいろなブログで見られるように借金が発生することはあまりありません。

 

スポンサードリンク

 

ロスカットがあれば安心?てかそれ何?

FXの会社ではロスカットという仕組みあるため、基本的に借金はできないと考えていいでしょうし、証拠金(準備したお金)がなくなってしまうという可能性も低いです。

www.suwafuture.site

ロスカットというのは、証拠金がFX会社の定める割合を下回ったら、強制的に決済を行う仕組みのことを言います。例えば、ロスカットが50%で行われると考えてみましょう。

 

証拠金――100万円

↓ドル円相場が変動し・・・

損失――50万円←この時点で証拠金の50%になっている

ロスカット――証拠金50万円

 

こんな感じの仕組みになっています。こうしてロスカットがあることで、借金を作ることを防げます。

もしロスカットがなければ、ドル円相場が変動して証拠金が−10%になるという事態も防ぐことができるのです。

しかし、ロスカットした後に利益がでたとしても決済されているので、損失が確定してしまうというデメリットもあります。

⇒「少し下がったけど次は上がりそうだから待つ」という手法を行うのが難しくなります。

ロスカットが間に合わない?

逆に、上記の場合で夜間だった場合において、FX業者のシステムが止まっているため通貨の価値が暴落してもロスカットが間に合わず、借金が発生するというケースがあります。

ロスカットが間に合わず暴落し続けているうえにレバレッジを数百倍にしていると、億桁の借金が発生してしまうということも起こり得ます

 

スポンサードリンク

 

以前はハイレバレッジが普通だった

世界的な金融危機であるリーマンショックが起こるまでは、レバレッジを数百倍にして取引することもあったようです。また、リーマンショックが起こるまでロスカットを採用しないFX業者もありました。

確かに、大きな損失が出るまでは設定しないというのも納得できますよね。

強制ロスカットはFX業者すべてにありますが、リーマンショック後の金融庁の指導で自主的にルールに決められました(法律では義務付けられていません)。

金融庁の指導前に強制ロスカットを採用しないFX業者も多く、そのため、リーマンショックによる通貨の暴落で決済することなく通貨を保有し続けて、借金が億桁になった人もいるようです。

⇒「リーマンショック 借金」で検索を掛けるとそれなりにページが出てきて、中には自殺した人もいるようです。

多額の借金を作ったとしても、以下に述べられている「自己破産」という制度があるので落ち着いて対処するようにしましょう

www.saimubengo.com

システム誤作動⇒借金?!

先ほども述べたように、強制ロスカット制度がどのFX業者にもあることで、借金ができてしまうことは基本的にはありません。

ただ、システムの誤作動⇒ロスカットが作動しない⇒借金ができてしまうという可能性はあります。そのため、FXで口座開設する際には、必ず利用規約を見てみましょう。

「システムの誤作動があってロスカットされなくても、当社は責任を負わない」という趣旨の記載があると思います。

誤作動で借金が起きてもそれはみなさん利用者側の責任になるので、あまり起こらないとはいえ注意したいところですね。

ちなみに・・・

ロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。

出典『みんなのFX

こんな記載があったりします。

 

スポンサードリンク

 

海外FXでは借金しない?

海外のFXでは数百倍にレバレッジを設定できるといいましたが、最大で1000倍に設定することができます。

レバレッジを高くすると借金を背負うリスクが大きくなると考えると、数百倍だと多額の借金が発生する可能性が高いと考える人がいるでしょう。

ゼロカットシステム?!

海外FXではどれほどレバレッジを高く設定しても、借金が発生する可能性は低いと言えます。それは、海外FX業者で「ゼロカットシステム」が採用されているからです。

先ほどは「損失が出たら強制決済する」ロスカットシステムでしたが、ゼロカットシステムは「証拠金がゼロ以下になった」ときにその損失部分をカットするシステムです。

つまり、通貨が大暴落して億桁の借金を作ったとしても、そのマイナス部分(=借金)はカットされるので、FX投資家が借金を背負うことはありません

その借金は当然FX業者が背負うことになりますが、そうすることで利用者は安心して取引を行ってくれます。「借金を背負う」ことよりも「利益を上げる」ことを優先しているのです。

日本ではどうなの?

FXを利用する人たち、特に初心者の視点だと国内のFX業者でもゼロカットシステムを採用するべきでしょう。

ただ、そうすることで業者が莫大な借金を被ることがありますから、そのリスクを避けるためにゼロカットシステムを採用していません。

⇒最初に採用すれば他の業者から顧客を奪えて「リスク<収入」になりそうですが、そんなに簡単ではないのでしょう。

結局借金は?

国内FX業者では大規模な暴落によっては億桁の借金を背負うことがありますが、ロスカットが働くことでその可能性は低くなっています。

海外FX業者を利用した際には「借金ができることはない」というメリットがあるくらいにとらえておきましょう。

結局のところ、ほとんどの場合で借金は発生しないのです。

余裕のある資産で取引を

「借金が発生することはない」だけであって、手持ちの資産がゼロになることはあり得ます。

また、FX会社に借金しなくても、FXに熱中しすぎて手持ちの資産がないためにキャッシング・カードローンで借金を作る可能性もありますし、そういう人もいます。

このようにして、FXで借金は作らなくても、FX関連の借金を作って自己破産するケースもあるので、低額で始められるとはいえ余裕のある資産で計画を立ててトレードすることが必要になります。

 

スポンサードリンク