【買いポジション・売りポジション・決済】 FXの基礎知識編

FXを行う中で買いポジション・売りポジション・決済の専門用語を知ることは、取引上、非常に大切です。

この後に詳しく説明しますが、ポジションとは「外貨の持ち高」を表し、決済はそのままの意味です。ポジションには、「買い」や「売り」が付いていることから比較的イメージがしやすいと思います。

スポンサードリンク

 

 

買いポジション

FXで儲けたいのであれば、外貨を安く「買い」高く売ることが必要になります。ここで外貨を買った状態・外貨を持った状態を「買いポジション」と言います。買いポジションは、別名「ロング」や「ロングポジション」とも呼ばれます。

例えば、500万円で5万ドルの外貨を買う(買いポジション)と5万ドルの買いポジション・ロングポジションとなります。

せっかく利益を得たいのに、買いポジションではなく売りポジションにしていたら大変なことになります。

そのため、外貨を購入する際に「買いポジション」か「売りポジション」かは、注意しなければなりません。

損益の例

5万ドルの外貨を買いポジション、外貨購入時は1ドル=100円だったとしましょう。

その後、1ドル=120円の円安となったときに外貨を売ると20円×5万ドル=100万円の利益が出ます。逆に、1ドル=80円の円高状態で売ると、̠-20×5万ドル=100万円の損失が出てしまうというわけです。

これに加えて、スワップポイントを得たいときは、金利の低い国の通貨を「買いポジション」にしておきましょう。これを売りポジションにしておくと大変なことになるのは、後々紹介します。

売りポジション

FXでは、仮に外貨を保有していなくても外貨を売ることから始められます。外貨を保有しないで売ることから、FX業界では一般に「空売り」と呼ばれています。

このような、外貨を売っている状態を「売りポジション」「ショートポジション」とんでいます。例えば、5万ドルの外貨を売っている状態は、5万ドルの「売りポジション」ということです。

 

スポンサードリンク

 

利益の計算

1ドル=100円で5万ドル(500万)の外貨を売りポジションとしましょう。この時、1ドル=120円の円安状態で買い戻したとき、-20円×5万ドル=100万円が損失となります。

逆に、1ドル=80円の円高状態で買い戻したとき、20円×5万ドル=100万円が利益となります。

スワップポイント

www.suwafuture.site

スワップポイントは、2国間の金利差の利益のことを言います。例えば、日本円のような金利の低い通貨・豪ドルのような金利の高い通貨がいい例です。

日本円の金利が1%・豪ドルの金利が3%だったとしましょう。この場合、日本円の売って豪ドルを買って運用すると、2国間の金利差2%が利益となります。

逆に、この2%が損失となる場合がポジションの違いによって発生するのが怖いところ。上記の例でいえば、高金利の豪ドルを売り・低金利の日本円を買いにした場合です。

このポジションになると、2%のマイナススワップとなり毎回お金を払う必要があります。そのため、ポジションを間違えるといつの間にか口座からお金が引かれてる、なんてこともあり得ます。

長期保有する場合には、定期的に口座を確認することが必要ですね。以上をまとめると、以下の通りになると思います。

 

スポンサードリンク 

 

買いポジション

外貨を買って売るとき

・円安になれば利益

・円高になれば損失

 

売りポジション

外貨を売って買い戻すとき

・円安になれば損失

・円高になれば利益

買いポジション・売りポジションという用語も重要ですが、他にもいくつかあるので紹介しておきます。

ポジションメイク

ポジションメイクとは、まさにポジションをメイクするという意味です。つまり、買いポジション・売りポジションを新規に作るということです。

ポジションメイクをすると、為替変動で損益が出てしまいます。そのため、ポジションメイクと後に紹介する「決済」のタイミングは非常に重要です。 

スクエア

ポジションメイクとは逆に、スクエアとはポジションを持っていない状態のことを言います。つまり、取引を行っていないということですので、損益が発生することはありません。

取引を行わないことから、ポジションメイクのように市場リスクを背負うことはありません。市場の変動が予測できなければ、スクエアというポジションで相場変動を見極めるのもいいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

決済

買いポジション・売りポジションを見てきたところで、ここでは決済を解説していきます。決済とは、持っている状態を解消することをいいます。そのままの意味ですね。

通貨を買った買いポジションなら売る・売った買いポジションなら買い戻すことが決済です。ちなみに、買いポジションを売ることは「売り約定」「売った」などと表現することもあります。

また、売りポジションは買い戻しをするので「反対売買」とも言われています。

決済前

決済をしないときに損益が発生することがありますが、この損益は口座には反映されません。要は、ポジションを持っているだけで決済していないときには、損益は発生しないということ。

決済前に利益が出ていれば「含み益」、損失が出ていれば「含み損」と言ったりします。※何度も言うように、決済前に利益は確定しないので注意しましょう。

決済の例

一万ドルの買いポジションであれば、円安になったときに売る、つまり決済すると利益が得られます。逆に、一万ドルの売りポジションなら円高になったときに買い戻す、決済をすると利益確定の注文となります。

予約決済

「忙しいしこの為替レートまでいったら、自動で決済したいな」と言った場合も決済が可能です。それが予約決済というシステムで、決済を自動で行ってくれるので忙しくても売買を行うことができます。

強制決済(ロスカット)

強制決済とは、投資家の意思にかかわらずFX会社が強制的に決済することを言います。決済前の急激な為替変動によって、含み損が拡大し投資家が大きな損失を被ることがあります。

www.suwafuture.site

その場合、FX会社はこれ以上の投資家の損失を防ぐために、未決済のポジションを強制的に決済します。そのため、買いポジションなら売り・売りポジションなら買い戻しの決済が行われることになります。

強制決済での損益は投資家に帰属するのが普通なので、利益が出たらラッキーと思っておきましょう。まとめると、強制決済は投資家を保護するための制度であり、FX会社の利益のために行うものではありません。

強制的に決済されるのでFX会社の利益のためと思いますが、投資家の利益のための措置だということは押さえておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

本編のまとめ

以上、買いポジション・売りポジション・決済の用語を説明していきました。特に、FX初心者の方は考え方が複雑で分かりにくかった部分もあったのではないでしょうか。

たぶん、FXは始められないかもと思っている人も多いはず。ただ、そんな方でもであれば安心して始めることができます。ポイントは以下の通り。

  • 平日24時間電話対応
  • 業界初のLINE対応
  • ツールはプロ並み
  • ロスカット手数料無料
  • スプレッドは業界最狭水準

さらに、DMM FX であれば新規口座開設・取引で20000円のキャッシュバックがあります。

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール