FXの基本の知識 【ドルストレート】ってどんな通貨なの?

ドルストレートというのは、米ドルを含む通貨ペアのことを意味します。米ドルが基軸通貨であることから、FXではこのように呼ばれています。ドル円もドルストレートなので、知っておけばFXで用語に困ることはありません。

www.suwafuture.site

www.suwafuture.site

そこで、今回はドルストレートの特徴を紹介していきます。 

f:id:shanshan555:20180522155144j:plain

スポンサードリンク

 

ドルストレート通貨ペアとは?

ドルストレート通貨ペアとは、上記の通り米ドルを含む通貨ペアのことを言います。

基軸通貨の米「ドル」を「インターバンク市場」で直接取引する(ストレート)ため、FXではこのように呼ばれています。 

ドルストレート例

米ドルを含む通貨ペアがドルストレートですから、FXでよく知られる通貨ペアを上げると以下のようになります。 

  1. ドル円
  2. ユーロドル
  3. ポンドドル
  4. ドルフラン

それぞれに特徴がありますが、ここでは米ドルを含む通貨ペアが「ドルストレート」だということを押さえておきましょう。

米ドルが入っていればドルストレートと呼ばれるので、その数はFXの通貨ペア分あります。

 

スポンサードリンク

 

ドルストレートの通貨ペアの特徴

ここでは、ドルストレートの通貨ペアの特徴をそれぞれ見ていきたいと思います。

扱うのは、FXでも有名な4つのドルストレート。

通貨ペアごとの特徴

①ユーロドル

www.suwafuture.site

ユーロドルの通貨ペアは、ユーロが準基軸通貨であり米ドルが基軸通貨であることから、FXでも世界で一番取引されている通貨ペアです。

それぞれの地域の経済規模等を考えると、この通貨ペアがFXで一番取引されるのは当然と言えます。

ユーロが準基軸通貨であることから、若干ではあるものの米ドルの避難資産として考えられることがあり、有事の際にFXではドル売りユーロ買いも稀ではありません。 

②ドル円

www.suwafuture.site

ドル円は、日本のFX会社で一番扱われている通貨ペアです。

日本円となじみ深い米ドルであることから、FX初心者の方には一番おすすめしたい通貨ペアです。

この通貨ペアは、ドルに何か起こった時に円が「避難資産」としての役割を果たします。

一方、FX特有のキャリートレードの対象として見られることもあり、FX初心者の方からも非常に取り扱われています。

 

スポンサードリンク

 

③スイスフランドル

www.suwafuture.site

スイスフランと米ドルの通貨ペアは、FX初心者の方にとっては、なじみがないかもしれません。

ただ、この通貨ペアは、ドル円に次ぐまたはそれ以上に「リスクを避けたいFX投資家の方」におすすめです。なぜなら、FXでは、フランが円と同様に「避難資産」としての役割を果たしているからです。

そのため、有事の際の米ドルのリスクを懸念するFX投資家は、フランと米ドルのドルストレートを好みます。

ただ、あまりフランを聞く機会がないため、日本では人気のない通貨ペアで知られます。日本円が「避難資産」であるため、あまり気にする必要がないのかもしれませんね。

④ポンドドル

www.suwafuture.site

イギリスポンドは戦前まで基軸通貨であったことから、ドルストレートで人気があります。

ユーロドルやポンドドルのようなドルストレートは、米ドルが下がれば上昇・上がれば下落する動きが特徴的です。

 

スポンサードリンク

 

それぞれの特徴

⑤スプレッドが狭い

www.suwafuture.site

ドルストレートの特徴として、初心者ならず熟練FX投資家にも人気なのが「スプレッドが狭い」ことが挙げられます。

スプレッドというのは、簡単に言うと取引する際の「FX会社に入る手数料」のことです。スプレッドが狭ければもちろん得しますし、逆に広いと不利益を被ることになります。

ドルストレートでは、ドルと他の通貨を直接取引していることから「スプレッド」が狭くなっています。そのため、取引でFX会社から引かれる手数料も少ないのが特徴です。

FXでなるべく利益を得たいという方は、ドルストレートが非常におすすめです。

⑥値動きが安定

ドルストレートは、ドルと他の通貨直接取引していることから値動きが変動する要因が少ないです。そのため、相場の値動きは比較的安定しています。

安定していてリスクが少ない一方、ハイリターンがないとも言えます。「一攫千金」を狙いたいFX投資家には、ドルストレートはあまりおすすめしません。

⑦テクニカル分析がしやすい

テクニカル分析というのは、簡単に言うとチャートを読んで分析することです。相場が安定していることから、テクニカル分析がしやすく、FXで取引をするうえではかなり楽になります。

ドルストレートのまとめ

以上のドルストレートの特徴をまとめると、以下のようになります。

  • ×ハイリターンはない
  • 〇値動き安定
  • 〇スプレッドが狭い
  • 〇ローリスク
  • 〇ドル円は一番取引しやすい
  • 〇テクニカル分析で予想しやすい

このように、ドルストレートはデメリットが非常に少ないことが分かります。そのため、FX初心者の方はリスクが少ないドルストレートから取引を始めてみるのがおすすめです。 

 

スポンサードリンク

 

ドルストレートで取引する

このように、ドルストレートでの取引は安定・ローリスクです。また、ドル円は一番取引しやすいため、FX初心者には、FXを始めた際に購入してほしい通貨ペアです。といっても、今回の説明で満足できない方もいると思います。

DMM FX であれば、平日24時間電話対応や業界初のLINE対応も可能です そのため、FX会社の中でも初心者サポートが充実しています。スプレッドも「業界最狭水準」であるため、なるべく多くの利益を得ることが可能です。

しかも、新規口座開設と取引で2万円キャッシュバックがあるのは、今限定です。

 

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール