FX通貨講座【スイスフラン】の特徴:金より安全通貨ってホントなの?

FXをやるなら必ず知っておきたいのがスイスフラン。なぜなら、FXでは、スイスフランは世界で何か起こったときのための「避難資産」とみなされるからです。

スイスフランが「避難資産」だからこそ、米ドルやユーロにそれなりに信頼があるのは、FXにおいて大きなメリットです。

f:id:shanshan555:20180514211928j:plain

スポンサードリンク

 

スイスフランとは?

スイスフランとはその名の通りスイスで使用されている通貨で、ヨーロッパ圏内ではユーロと同じくらいメジャーな存在です。そのため、FXではある程度の取引量を確保していることから信頼が生まれます。

www.suwafuture.site

スイス国内に目を向けると、ロレックスなどの時計業や金融業がかなり盛んです。また、「永世中立国」というのが歴史的なスイスのありかたです。これも、FXで取引されるスイスフランに大きな信用を呼んでいます。

スイスフランのメリット

〇避難通貨だ!

FXで取引する際に、スイスフランのメリットとして知るべきなのは「避難通貨」であること。FXにおいて、ドルの避難通貨としてユーロ・金があるようにスイスフランもその一つ。

www.suwafuture.site

スイスは「永世中立国」と言いましたが、これは他国の経済的な要因などを受けにくくスイスフランの価値が安定していることを示します。つまり、FXでユーロを扱う際に19か国の状況を考慮するのとは真逆ということ。

事実、欧州危機・同時多発テロが発生したときには、スイスフランが多く買われる傾向にありました。そのため、FXでスイスフランは「有事に強い」通貨と言え、資産分散の通貨価値は相当高い。

FXで米ドル・ユーロを取引する方は、もしものためにスイスフランに資産を分散するといいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

〇世界の銀行

これは「スイスの大銀行」という意味ではなく、「プライべートバンク」と呼ばれる富裕層向けの銀行を意味します。多くのお金持ちの銀行が集まっているからこそ「世界の銀行」と呼ばれています。

それに加えて、スイスの金融業の管理体制には非常に定評があり、FXにおけるスイスフランの信用を生む結果となっています。これがあるからこそ、スイスフランの価値が下がりにくくFXでは安全な資産と言われます。

〇金との相関関係!

スイスは世界第四位の金保有国であるため、スイスフランは、「金」と高い相関関係を持つのが特徴です。そのため、金の価値が上がるとスイスフランの価値が上昇する傾向にあります。

実際、金は米ドルの避難資産ですから、金と高い相関を保っているスイスフランは、なおさらFXで「避難通貨」としての価値があると言うことができます。FXでスイスフランを取引するなら、金の価値にも注意が必要ですね。 

〇キャリートレードの通貨!

この後紹介しますが、スイスフランは「低金利通貨」です。これはデメリットですが、FXでは逆にメリットでもあります。なぜなら、低金利通貨であることで「キャリートレード」が実践できるからです。

キャリートレードというのは、金利が低い国の通貨を借りて、その通貨で金利の高い国の通貨を購入し、その金利差で利益を上げようという仕組みです。これは、FXにおいて日本円でも広く行われている手法です。

例えば、スイスフランの金利が1%で、豪ドルの金利が3%としましょう。ここで、スイスフランを借りてスイスフランで豪ドルを購入し、運用することで3%の利益が出て1%はスイスフランの金利で返済するため、2%の利益が出るということです。

FXではこの利益をスワップポイントと呼び、この利益ばかりを狙うFX投資家も少なくないです。 FXをやる際、キャリートレードで儲けたいという方には、超低金利のスイスフランはかなりおすすめです!  

www.suwafuture.site

 

スポンサードリンク

 

③スイスフランのデメリット

×低金利すぎる…

FXでは、スイスフランは安全資産な一面がある一方、日本と同じくらい低金利政策を敷いています。FXでも金利が低いと、いくら運用しても利益を得られる見込みはありません。

しかし、スイスフランは「利益を得たい」FX投資家には全く向いていない通貨と言っていいでしょう。そのため、それほど人気の取引通貨ということはできません。

低金利であることからキャリートレードができるということを紹介しました。ただ、低金利の「スイスフラン」と同じく低金利の「円」での取引は、FXで利益が見込めません。

FXでは、低金利同士の通貨ペアは避けるといいでしょう。 

×金との相関関係

逆に、米ドルの価値が高い状態が継続しているときは、金の価値はそこまで上がりません。その時には、FXでは、金との相関関係を持つスイスフランの価値も下がると言えます。

そのため、米ドルに何か起こって金の価値が上昇するまで、辛抱強く我慢しなといけないのは「避難通貨」のスイスフランならではと言えるでしょう。スイスフランを取引するのは、FX投資家の中でものんびりしたタイプの人がおすすめかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

スイスフランの指標

みなさんも感じることだと思いますが、実際、スイスの国内状況などをニュースで目にすることは少ないでしょう。 たぶん、専門のサイトを見ないと情報がないくらい、スイスの文字を見かける機会が少ない!

そのため、FXで取引するための情報収集には厳しいところがあります。ただ、以下の情報だけはチェックするとFXでスイスフランを取引する際に有利になるかもしれません。

  1. 貿易収支
  2. KOFスイス先行指数
  3. スイス国内総生産(GDP)
  4. 消費者物価指数

こんな感じですが、スイスは安定資産であることから、あまり大きな変動がないと言っていいでしょう。なので、FXを行う際にそこまで神経質になる必要はありません。

 ただ、KOFスイス先行指数は6か月程度先の経済動向の調査であるため、これだはチェックしておきましょう。

スイスフランはどう?

f:id:shanshan555:20180514212346j:plain

以上、スイスフランのメリット・デメリットなどを見てきましたが、スイスフランは総合的にどうなのでしょうか。デメリットとして低金利などが挙げられるものの、FXでは重視される安全資産という信頼があります。

さらに、キャリートレードでもスイスフランを使って儲けることができ、FX投資家にも人気があります。そのため、総合的に見たときにはスイスフランは、FXでおすすめの通貨ということができるでしょう。

高金利通貨を買って失敗したときのために、保険としてスイスフランを購入しておくのもいいかもしれません。FXでも株式でも、もしものために分散投資をするのは大切ですからね。

 

スポンサードリンク

 

おすすめのFX会社

スイスフランで取引可能で、初心者の方・めんどくさがりな方に一番おすすめのFX会社は、圧倒的にDMM FX

  1. 平日24時間電話対応
  2. FX業界初のLINEでの対応も可能
  3. プロ並みのツール
  4. スプレッドは業界最高水準
  5. 口座開設は最短5分!
  6. 翌日から取引可能
  7. 口座開設で最大20000円のキャッシュバック 

しかも、DMM FX で口座開設して取引するだけで2万円キャッシュバックがあるのは、今限定。

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール