【豪ドル AUD オーストラリアドル】通貨としての特徴

FX以外でもドルと聞くと、ついつい米ドルを思い浮かべてしまう方も多いと思います。

www.suwafuture.site

それに劣らずともFX界で「ドル」の一つとして人気があるのがオーストラリアの豪ドルです。

FXで人気の理由は「利益を得やすい」からです。

そこで今回は、FXで扱う豪ドルのメリット・デメリットを見ていきます。

スポンサードリンク

 

 

豪ドルの特徴

f:id:shanshan555:20180511220056p:plain

みなさんは、豪ドルにどんなイメージをお持ちでしょうか。たぶん、そう聞かれてもあまりイメージがない方も多いと思います。 

以下でも紹介していきますが、FXで豪ドルは「資源国通貨」かつ「高金利通貨」として認識されます。

デメリット・メリットによって良さ・悪さが相殺される通貨と言っても過言ではないかもしれません。また、豪ドルはFX・外貨建て保険においても使われる外貨でもあります。

そのため、FXの重要通貨である米ドルとの違いも明確にしながら以下で紹介していきます。

豪ドルのデメリット

f:id:shanshan555:20180511220234j:plain

 天然資源の輸出が滞ると…

豪ドルの資源国通貨であることのデメリットは、天然資源の輸出が好調ではなくオーストラリア国内の経済が鈍ると、豪ドルの価値が下がってしまうということです。

これは、豪ドルが資源国通貨であるからこそ、FXの大きな悩みです。輸出が不安定ということは輸出先の国によって左右されることもあることを示します

そのため、国内よりも海外の状況によって豪ドルの価値が左右されることが分かります。豪ドルでFXを行うなら、相手の国の確認も必要になってきます。

 

スポンサードリンク

 

リスクオン、リスクオフの通貨だ…

FXにおいて豪ドルは、リスクオン・リスクオフの通貨だと言われます。これはFXの投資家がリスクを選好するかしないかによって決まります。

リスクオンだと投資家がリスクを好み、豪ドルの価値が上昇している状態。逆に、リスクオフだと投資家がリスクを好まず。豪ドルの価値が下落している状態です。

そのため、豪ドルの価値に対する投資家のリスク選好は、FXを行う上で重視しなければなりません。

豪ドルのメリット

f:id:shanshan555:20180511220206j:plain

とにかく高金利がいい!

FXで豪ドルの運用メリットとして一番いいのが「高金利」であるということです。これは、FXをやっていく中で運用利益(スワップポイント)を得ることができるため、FX投資家にとって嬉しい通貨であることは間違いありません。

www.suwafuture.site

FXでは、ブラジルのレアルやトルコのリラなど、新興国の通貨も扱います。

www.suwafuture.site

www.suwafuture.site

こうした新興国の通貨は「かなり高金利」で、FXにおいて豪国の金利は低いと見られがちです。それでも、豪ドルの金利は米国・ユーロに比べると高いため、FXでは運用利益を見込めます。 

米国との違いを説明しておくと、米国もかつて金利が高く運用利益を得られましたがそれは昔の話。

現在の米国は、0に近い金利政策でFXでも運用利益があまり得られない状況。そのため、金利の高い豪ドルの選択も相対的に見たら、FXを行う上ではアリと言えるでしょう。

そのため、どうしてもFXで利益を得たいという方は、豪ドルに挑戦するのも非常におすすめです。

 

スポンサードリンク

 

天然資源の輸出で安定や!

逆に、豪ドルが「資源国通貨」であるメリットは、天然資源の輸出が好調なことで豪ドルの価値が安定していること。

そのため、天然資源の輸出によってオーストラリア国内の経済が活発になれば、豪ドルの価値はどんどん上昇します。それに加えて、高金利による運用利益も出るため、FXで豪ドルを扱うメリットは大きいと言えるでしょう。

豪ドルの指標

以上、FXをで取引する際の豪ドルのメリット・デメリットを見てきました。ここではFXで取引する際に、豪ドルの価値を判断する際の指標を見ていきます。上記の記述でも分かる部分が多いので、補足程度で見ていただければと思います。 

  1. 豪準備銀行(RBA)の金利政策
  2. RBA議長の発言など
  3. 貿易収支(資源国通貨であるため)
  4. 貿易相手国である中国の経済状況
  5. 資源の価格

このように、資源に関わる指標が重要となっていて、これは資源国通貨ゆえの豪ドルの特徴と言えます。さらに、資源輸出の主要な相手国が中国であることから、中国を含めた相手国との貿易状況や相手国の経済状況なども見逃せません。

FXの豪ドル指標の中でアメリカと共通するのは、銀行の発表・議長の発言です。これは、他国通貨の指標でも同様のことが言えるため、外貨共通の特徴と言うことができます。 

 

スポンサードリンク

 

豪ドルはおすすめ?

さて、以上を考慮してFXの取引で豪ドルがおすすめかどうか考えていきましょう。資源国通貨で相手国の状況に左右されることはありますが、FXでは高金利で運用利益を得ることができる通貨です。

そのため、なるべくスワップポイントを稼ぎたいという方には、FX会社の円・豪ドルなど金利差がある通貨ペアで取引するのがおすすめです。

 おすすめの会社

以上をもとに、初心者の方におすすめなFX会社はDMM FX です。  DMM FX であれば、電話は平日24時間対応であり、業界初のLINEでの対応も可能です。そのため、FX初心者の方でも、充実したサポート体制で安心して取引できます。

しかも、DMM FXは

  1. 今なら口座開設で「最大20000円のキャッシュバック」
  2. 最短5分で口座開設
  3. 最短翌日で取引可能
  4. 口座開設数No1

新規口座開設して取引するだけで、キャッシュバック2万円得できるのは、今だけです。

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール